運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメントに関する取り組み

 豊鉄バス株式会社では、運輸安全マネジメントの導入に伴い、社長以下全従業員が一丸となって、輸送の安全を確保するために、次のとおり取り組んでまいります。


1.輸送の安全に関する基本的な方針
(1) 弊社にとって、輸送の安全の確保は事業の根幹であることを深く認識し、安全管理規定を定め、安全の確保を最優先にした事業の運営を図ります。
(2) 弊社は、輸送の安全に関する計画の策定(Plan)、実行(Do)、点検(Check)、改善(Act)のPDCAサイクルを確実に実施し、安全対策を不断に見直し、全従業員等が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
2.輸送の安全に関する重点施策
(1) 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
(2) 輸送の安全に関する必要な費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
(3) 輸送の安全に関する内部監査を実施し、必要に応じて、改善措置を講じます。
(4) 輸送の安全に関する必要な情報を全従業員が共有できるよう、連絡体制の確立を図ります。
(5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施します。
3.弊社が第一当事者である自動車事故報告規則第2条に規定する事故件数
 平成25年度(平成25年4月1日~平成26年3月31日)は1件発生しております。
4.輸送の安全に関する目標
 社長以下全従業員が安全意識を向上させ、利用者に安全・安心運行を提供出来るよう、重大事故の撲滅を目標とします。
5.安全に対する設備投資
 当社では一般乗合車両及び一般貸切車両の全車両に、ドライブレコーダーと昼間灯(LEDデイタイムランプ)を搭載しております。 本年度の新造車両についても全車両に搭載いたします。 加えて、利用者の乗降に対する安全向上のため、バリアフリー車両を導入いたします。
6.輸送の安全に関する計画また輸送の安全に関する教育及び研修の計画
 【別紙(1)】のとおりです。
7.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
  【別紙(2)】のとおりです。
8.事故、災害等に関する報告連絡体制
  【別紙(3)】のとおりです。
9.安全統括管理者、安全管理規程
(1) 安全統括管理者:冨安 隆徳
(2) 安全管理規程: 【別紙(4)】のとおりです。
10.行政処分による輸送の安全に講じた改善について

Page Top